記事一覧

読書

先日、ようやくお茶会用の茶碗が全て焼き上がり一段落なのですが

その間にできなかった仕事がたまっています。

ボツになった茶碗の山もできてしまいました‥




そんな中、最近めずらしく読書をしています。。。

夜布団に入って眠くなるまでの時間ですが‥

そんな中で印象に残った文言がありました。


『あなたの頭の中にいつも“天秤”を用意することです。

天秤の片方の皿にはあなたの手に入れたいものを載せます。

そして、それと釣り合うものを、釣り合う量だけ、もう片方の皿の上に

載せたときに、あなたの欲しいものが手に入るのです‥』


“自分の手に入れたいもの”とは“物”ではなく夢や希望と言ったものですね。。

釣り合うだけの量を載せると言う意味は?

賢明な方はおわかりでしょう。。。


『手紙屋』 喜多川 泰著 からでした。

harunoyama.jpg

在所の風景


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

器職人

Author:器職人
FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ